ファンベルトの役割

ファンベルトとは、車のラジエターを冷やすためのファンを回すためについているベルトのことです。
ファンベルトの役割は、主にエンジンの回転をオルタネータやウォーターポンプに伝えることです。オルタネータというのは発電機のことで、ウォーターポンプというのは、放っておくと高温になってしまうエンジンの温度を冷却水を循環させながら適正に保つための装置の事です。

ファンベルトは定期的な交換を

ファンベルトは、動力をしっかりと伝えるために、適度な張力がかけられ張られているのですが、ゴム製品のためどうしても走行距離が増えれば伸びたり摩耗したりして緩んでしまいます。車を発進する際や加速する際に「キュルキュルー」とか「キー」というおかしな音を聞いたことはありませんか。この音はベルト鳴きと呼ばれる、ファンベルトの劣化のサインです。
この状態でファンベルトを放置しておくと、熱も抑えられなくなるので熱による劣化も起こり、最終的には剥離してしまったりひび割れてしまったりして、切れてしまいます。
さらに、そのままの状態で車を走らせれば、当然ファンベルトと冷却ファンの連動も行われないため冷却水の不循環がおこりオーバーヒートしたり、バッテリーが上がったりし、エンジン自体に相当のダメージが与えられてしまいます。
このファンベルトは、特に交換したほうが良いという距離の規定などはないのですが、一般的には25,000キロから30,000キロでの交換が多いようです。いずれにせよ、整備工場などで定期的にチェックをしてもらい、正常な働きをするかどうかを確認してもらったほうが良いでしょう。

ファンベルトの異常

定期的な検査をされていない方など、ファンベルトの異変にはどうやって気付いたらよいのでしょうか。
まず音ですね。ファンベルトの調子が悪くなるとキュルキュルと音がしますのでだいたいわかります。放っておくとしまいには切れてしまいますからその前に交換することをおすすめします。
ファンベルトが切れてしまうと、ほとんどの車の場合、チャージ不良を知らせるために、ワーニングランプが点灯します。このランプはバッテリーの形をしている事が多いようです。
ですから、このランプが点灯していたらすでにベルトが切れているなどしてとても危ない状態だという事が考えられます。すぐに整備工場などに持っていったほうが良いでしょう。
また、もしも劣化がそこまで激しくないとしても、オーバーヒートを起こしたりベルトにオイルが付着してしまったりした場合には、新しいものと交換する事をおススメします。というのも、ファンベルトは高温、またオイルに弱い性質があるということだからです。

ファンベルト